Oracle10g Instant Client Windows ODBC

Oracle Windows 2007年4月8日

この記事は 2013年4月に STBBS.NET Blogから移動されました。

なんですかこの Google先生に教えを請うかのような題名は。

Oracle Express Edition(XE) のおかげで手軽に Oracleが使えるようになったので、オフィスワーク用に使うことにしてみた。
そんなの PostgreSQLや MySQLを使えばいいんじゃないの?というなかれ、Oracle向けのノウハウ(バッドノウハウがほとんどだが)やツール資産、国際化対応、ドライバ(特にODBC)の成熟というものに関してはオープンソース系のそれとは歴史の長さがまるで違うのだ。
だからオープンソースより良いって主張したいわけじゃないけどね。単なる物好きだ!悪いか!

しかしそんなOracleもユーザーインターフェイス無しにはただの入れ物、使いようがない。
実は XEについてくる apexなるWeb UIの出来が良いのでそれでもまあまあ良いんだけど、やはり Wordや Excelくらいしかしか使ったことのない事務系スタッフにでも使える UIを提供しようとすれば Accessから ODBC経由で使ってもらうのが一番簡単で高効率だ。というか、この分野(わーどやえくせるしかつかったことのないじむけいすたっふによろこんでつかってもらえるでーたべーすふろんとえんど)で Accessに匹敵するものは未だに存在しないと確信している。(そりゃそうだよね前提条件がWordやExcelの経験なんだから)

Oracleのフロントエンドとして Accessでアプリケーションを構築したことのある人はどんな悪夢をしっているかな?
そのひとつが、「各端末に余すことなく Oracle ClientをインストールしてTNSを構成しなきゃいけない」じゃないだろうか。
(「WinMeにインストールできない(Oracleの仕様)」っていうのもあるだろうけどそれは記憶の彼方に葬るとして)

ところが最近の Oracle Clientではインストール時に Instant Clientという方法が選択できて、これが「普通の利用に必要な最小構成」を割とうまくセットアップしてくれるのだ。

というわけで我がオフィスでも、この間インストールした XEで名刺管理をするために(なんという些細な仕事にOracleを使うことか)、Windowsマシンに Instant Clientを入れてみたのでこの記事はそのメモ。っていうか前振り長いよ。

Oracle 10g ClientのWindows用をダウンロードしたら setupを実行して Instant Clientを選択、「次へ」「次へ」・・・でインストール完了。あれ、ORACLE_HOMEは?構成の選択は?TNSは?

AccessからODBC経由でOracleを利用するため、コントロールパネル→管理ツール→ODBC で、DSN定義を行う。
「ほらみたことか、TNSサービス名を要求されるじゃないか!メモ帳でtnsnames.oraを書かなきゃ!ORACLE_HOMEは何処?」
落ち着きなさいあなた!試しにTNSサービス名のかわりに、ホスト名/サービス名を書いてごらん。
(ryoko.localはうちのOracleホスト名、xeは Express Editionのインストールで勝手につけられるサービス名)

あ、なに・・・これでつながっちゃうのね。tnsnames.oraもORACLE_HOMEも設定しなくていいんだ、便利になったなあ。

うんうん、わかってくれてうれしいよ。でも実はNLS_LANG環境変数だけは設定しないとだめでした。
(設定しないとODBCドライバの構成ダイアログが全部英語になるばかりか、オブジェクト名などで日本語が通らない)
うちの場合は、JAPANESE_JAPAN.JA16SJISTILDEに。これが最良なのかは知らない。

同じカテゴリの記事

イントラネットアクセス時に Internet Explorerが勝手に互換モードで動作するのを阻止する 2013-11-05
IEからProFTPdにアクセスするとファイル名が文字化けする 2010-03-24
コマンドプロンプトから MS SQLServerのバックアップを取る 2009-12-11
Windows Vistaで RDP7を使う 2009-06-12
Oracle 11g ODBC Driver sqoras32.dllのエラー 2009-05-31

お勧めカテゴリ

英語でアニメ観ようず
なじみ深い日本製アニメの英語版DVDで、字幕と音声から英語を学びましょうという趣旨のシリーズ記事です。
ScalaのようでJavaだけど少しScalaなJSON API
Scalaと Spring Frameworkを使って REST的なJSON APIを実装してみましょう。
ドクジリアン柔術少女 すから☆ぱいそん
代表 嶋田大貴のブログです。写真は神仏に見せ金をはたらく罰当たりの図